moon phase info

織月の夜に

毒にも薬にもならない言霊


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
草臥れたスーツを着ているサラリーマンがよくこんな風に言われていますが。
疲れているだけだと思うのは気のせいでしょうか。
認識に間違いがないかを調べる為、国語辞典的な解釈を見てみますと、
 
【哀愁】 あい-しゅう
寂しくもの悲しい気持ち。もの悲しさ。ペーソス。
 
こうらしいです。
草臥れた中年サラリーマンに寂しくもの悲しい気持ちがあるのかと。

楽しい結婚生活もマンネリとなり、娘には臭いなどと暴言を吐かれ、
職場の女性社員には話し掛けただけでセクハラですよなどと言われてみたり、
朝の満員電車では触っても無いのに痴漢扱いされ。
 
これだけの事を羅列してみると、案外哀愁が漂うのかもしれないですね。
極端な例でなければ哀愁など出せないのかもしれませんが。
そんな物を体から滲ませる中年サラリーマンは凄いのかもしれません。
 
と、下らない考察を一つ。
4/12
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://orituki.blog20.fc2.com/tb.php/28-4c8c549e
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。